燃費が向上してきている自動車

自動車の燃費は、年々向上してきているのではないかと考えられています。従来のガソリンを利用する自動車と共に、最新鋭の技術が搭載されている自動車が数多く見受けられるようになったことが最も関連していると言えるのではないでしょうか。世界の複数の自動車メーカーが挙って燃費性能の良い自動車を意欲的に開発するようになってきているため、多くの方面からの注目が寄せられるようになってきているのではないかと思います。 近頃では電気モーターを利用したものや水素を主動力とする自動車が形になっているとされています。ハイブリッドカーや電気自動車などが代表的な良い燃費の自動車として挙げられています。このようなタイプの自動車を実際に利用する人も着実に増加してきており、多方面で普及することが見込まれています。従来に比べて格段に燃費が良くなってきていますが、今後はこの傾向に拍車が掛けられ、環境に良い自動車が多くなっていくのではないかと思います。

父に買ってもらった新車につけた傷をきれいに消しました

私は、運転免許を取得して初めて乗った車が、新車でした。娘に車を買って贈ることに憧れていた父が、奮発して購入してくれたのです。 購入してしばらくは、私は免許を取得したばかりということと、新車ということとで、緊張して運転していました。ハンドルもアクセルもブレーキも、恐る恐る慎重に使用していたので、かなりの安全運転だったと思います。 しかし少し運転に慣れてくると、私はそれほど緊張しなくなりました。そのため気が緩んで、自宅のガレージに駐車する時に、ついうっかりガレージ入り口の壁に、車の側面をこすってしまったのです。 紺色の車だったので、傷はとても目立ちました。とてもショックでしたし、それ以上にせっかく新車を買ってくれた父に対して、申し訳ないと思いました。 そこで私はカーショップに行き、店員のアドバイスを聞きながら、その車と同じ紺色をしたペンタイプの塗料と、マスキングテープと紙ヤスリとを購入しました。店員がとても親切で、傷の消し方を細かく教えてくれたので、それをメモして帰り、さっそく自宅で作業をしてみました。

まずは傷を丁寧に洗ってから、紙ヤスリでこすりました。すると傷による凹凸が減ったので、次にその周辺にマスキングテープを貼りました。そして、ペンタイプの塗料で傷を塞いだのです。 さらに塗料が乾いてから、その塗料の表面を紙ヤスリで削りました。マスキングテープにより、余計なところを削ることなく、塗料の凹凸を減らしていくことができました。こういった作業により、私の車は再び新車ならではの美しい見た目になりました。 この失敗に懲りて、それ以後私は再び、初心者としての慎重な運転をするようになりました。

大切に乗っていたプリウス高く買い取ってもらいたい

トヨタで人気のエコカー「プリウス」を査定してもらうために、高松市で有名な車買い取りショップ3社をインターネットのサイトで探しました。(参考:高松での車買い取り)実際の高松にある車買い取り店から複数の見積もり査定をしてもらって、1番高い額をつけてくれたショップを選びました。想像以上の金額に大満足しました。高く売れる人気のカラーではなく、遊び心のある個性的なカラーだったので、正直あまり期待はしていませんでしたが、実はそのカラー、人気がジワジワ上昇しているのだそうです。買い取りショップに出すときは、新車が発売される前が良いと以前どこかで聞いたことがありました。新車が発売されると、中古車買い取り額が大幅にダウンするそうです。

大切に乗っていたプリウスを、少しでも高く売りたかったので、売るタイミングを慎重に選びました。査定前は、車をきれいにしておくことも大切だと言われています。カーショップで手洗い洗車をしてもらい、車をピカピカにしてもらいました。シートもツヤを出すために自分で専用液を購入し、ピカピカに仕上げ、5年前に買ったとは思えないくらい全体的にきれいになりました。努力次第で車は高く買い取ってもらえるというのは、ほんとうだったみたいです。手間をかけてまで、めんどうだなと思ったこともありましたが、今は良かったと思っています。ショップスタッフの話によると、純正のパーツでないと、査定額が大幅に下がってしまうことがあるそうです。私のプリウスは、カスタムしていないことも、高く買い取ってもらえた理由につながったみたいです。

ページのトップへ戻る